残業代請求の証拠になるものは?証拠がない場合の方法は?

残業代請求で、もっとも重要なのは「証拠」と言われています。
未払い残業代があることを、客観的な証拠をもって示すこと=立証責任は、請求を行う労働者側にあるためです。

こう言われると、「そんなに厳密な証拠がない」と不安になる方も多いのではないでしょうか。ですが実は、「こんなものでも?」と思えるほど、日常的に身近なものが、残業の証拠に使える場合があります。

このページでは、「残業代請求の証拠になるもの」を前半でご紹介し、後半で「残業代請求の証拠がない」場合の対処方法について解説していきます。

労基署で使える証拠と、弁護士・司法書士を通した場合とでは異なります

本題に入る前に、大切なポイントをお伝えします。
残業代請求に使える“残業の証拠”は、労基署(労働基準監督署)に申し立てる場合と、弁護士・司法書士を通して請求する場合とで異なります。
このページでは、弁護士・司法書士を通す場合に扱える証拠を解説していきます。

労基署(労働基準監督署)に未払い残業代請求を申し立てる場合、証拠として認められるものは、非常に限られてきます。
労基署の場合、会社で公式に記録されているタイムカードなど、“かたい証拠”でなければ、サービス残業や時間外労働の事実が認定されない事も多くなります。

一方、弁護士や司法書士を通して残業代請求を行う場合は、このページの以下で紹介するようなものも、証拠として扱える場合があります。

残業代請求の証拠として使えるもの

残業代請求の証拠として使えるものは、「残業があったと示すのに役立つもの」なら、何でも使えると言われています。
普段から意識していなくても用意できそうな、身近なものを挙げていきます。

○タイムカード、タイムシート

毎日の勤退時間が記録されているため、有力な証拠となりえます。

○業務メール

メールには、何月何日の何時に送信したか、タイムスタンプがヘッダー情報に記録されています。そのため、本来の業務時間外に送信された業務メールなどが、残業の証拠として利用できるでしょう。

○仕事で使っているパソコンのログイン、ログアウト情報

職場のパソコンのログイン、ログアウト情報も、実際の労働時間を示す有力な証拠となります。
たとえばwindowsパソコンなら、マイコンピューター > 管理 > イベントビューアー > セキュリティの項目に、ログインやログアウト等の記録が残っています。MACパソコンやiOS、Android端末などでも、基本的にこうしたログイン・ログアウトの時間は記録されています。

○Googleドライブなど、業務用クラウドツールの編集記録

職場によっては、仕事でクラウドツールを使っている場合もあるでしょう。Googleドライブ、Googleドキュメントや、DropBox、チャットワーク、EverNoteなどのツールにも、編集時間やメッセージの投稿日時が記録されています。
こうした記録も、残業の証拠として使える場合があるでしょう。

○業務中のパソコンやスマートフォン、タブレットなどのスクリーンショット

仕事中の画面を映したスクリーンショットも、日時がわかる状態であれば、残業の証拠になると考えられます。また、スクリーンショットの画像ファイルには、Exifという情報もついている事が多いのですが、こちらにも撮影された日時が記録されています。

GPSをONにしていれば、スクリーンショット画像のExif情報にGPS情報も記録されているため、「職場のオフィス内や取引先など、業務に関係する場所に、その日時にいた」ことを証明できます。

○手書きのメモや日記

デジタルな記録だけでなく、手書きのメモやFAXなども、残業の証拠となります。たとえば、「○時にxx社訪問」「○時から会議」など、日時を添えて書かれたメモは、手書きでも残業の証拠になると期待できます。

また、業務上のメモや書類でなくても、個人的な日記なども、残業の証拠と認められる場合があります。

○同僚や取引先、家族の証言

  • 「いつも○時頃まで残って仕事をしていました」といった同僚の証言
  • 「○時頃に商談に来られることが多いですね」といった取引先の証言
  • 「帰宅はいつも○時頃でした」などの家族の証言

こうした証言も、証拠として扱うことができます。

○「今から帰るよ」などの、プライベートのLINEやメール

業務メールだけでなく、家族や友人、恋人などとのプライベートのLINEやメールでも、残業の証拠になる場合があります。

「今から帰るよ」
「遅くなるから夕食は用意しなくて大丈夫」

といった、日々のやりとりでも、残業の証拠となります。
LINEを使っている場合も、送信日時が記録されているため、証拠能力があると言えるでしょう。

○Twitter、Facebook、Google+、インスタグラムなどSNSの投稿

SNSの投稿も、投稿日時が記録されているため、場合によっては残業の証拠となるでしょう。
たとえば、「やっと仕事終わったー」「今日も終電帰り…」といったツイートやポストが、労働契約に定められた労働時間を過ぎた後に投稿されていれば、これを残業の証拠として使える場合もあると考えられます。

○Googleマップのタイムライン(ロケーション履歴)機能

Androidのスマートフォンやタブレットを使っていたり、iPhone、iPad等でGoogleマップアプリを使っている方は、Googleマップの「タイムライン機能」が残業の証拠を示してくれる可能性もあります。

Googleマップのタイムライン機能は、「何月何時に、どこにいたか」を自動で記録する機能です。「位置サービス」と「ロケーション履歴」がONになっていれば、自動で記録されていきます。

この機能を活用すれば、「何月何日の何時まで職場や取引先にいた」という事や、「何時に帰宅した」といった事が、Googleのサービスで証明できるため、強力な証拠になるでしょう。

残業の証拠のほかに、揃えておきたいもの

残業の証拠のほかに揃えておきたいものは、未払い残業代の計算などに必要な、各種の書類等となります。

  • 労働・雇用契約書
  • 就業規則
  • 給与・賞与明細

こうした書類も、可能な限り用意しておきましょう。

残業代請求の証拠がない場合の対処方法

「残業代請求の証拠がない」「証拠が手に入らない」という問題に直面してしまう場合もあります。
これには大きく分けて、「証拠そのものが無い」場合と、「証拠はあるが、会社側が開示してくれない」場合の2種類があります。

残業代請求の証拠がない、見つからない場合

まず、「証拠そのものがない」ケースを考えてみましょう。たとえば、タイムカードが作成されていない等の場合ですね。
ですが、前半でご説明した通り、「残業や勤務時間の証拠・記録」と意識していないものや、日常生活や業務の中で自然と発生するような記録でも、証拠として使えるものがあります。

一見すると業務と関係ない、家族への帰宅報告のメールやLINE、個人的なメモなども、証拠になる場合もあります。一つ、二つでは証拠能力が不足するかもしれませんが、数が揃えばそれだけ説得力も増すでしょう。
また、“家族や同僚、取引先の証言”なども頼れます。

このように細かくチェックしていくと、「証拠がない」と思っている方も、実はたくさんの証拠を持っている場合がほとんど。
自分では証拠になると気づけないようなものもあるので、まずは残業代請求に強い弁護士や司法書士にアドバイスをもらってみましょう。

証拠はあるが、会社側が開示してくれない場合

たとえば、タイムカードの勤退記録、業務用パソコンのログイン・ログアウト記録など、会社側の開示がないと入手できない情報もあります。
会社側がスムーズに開示してくれれば良いのですが、「すでに退職している」などの理由で、開示に応じてくれない場合もあるでしょう。

そうした場合に備えて、「証拠保全」という手続きも用意されています。証拠保全は、未開示の証拠を、裁判所が取ってきて保全してくれる手続きです。

この証拠保全手続きは非常に強力で、裁判官が自ら会社側(請求する職場)に行き、証拠を確保してくれます。会社側に対して、こちらの本気度を示すことにもなるため、たいへん効果的な手続きです。

ただし、強力な手続きだけあって、証拠保全の利用条件はかなり厳格に定められています。個人が自分で申し立てをしても認められない場合もあるため、弁護士や司法書士を通したほうが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss